地鎮祭②

地鎮祭
e0254608_1451337.jpg

津の家の地鎮祭を行ってきました。
晴れてはいましたが、寒くて風の強い中、無事、執り行うことができ良かったです。

地鎮祭は文字通り地の神を鎮める儀式で、一般の住宅では神式で行われる場合が多いです。日取りは大安、先勝、友引、吉日の午前中を選びます。地鎮祭は「刈初めの儀」「穿初めの儀」「鎮物埋納の儀」の3つの儀式からなりますが、地域の習慣や神社によって少しずつやり方が異なりますので、事前に神主さんに確認しておく必要があります。今回、設計者は「穿初めの儀」を行いました。関西地方では「刈初めの儀」を設計者が行うのが一般的かと思いますが、中部地方では違うのでしょうか?

この日、工務店さんに縄張りをしていただいていたので、施主さんに建物の大きさや、どの変にどのくらいの部屋ができるか、を説明させていただきました。施主さんはしきりに「狭いかな〜」とおっしゃっていましたが、上棟し、仕上げをしていくうちに、だんだん大きさの印象が変わってきます。ここが24帖の吹抜のある、おおきなLDKになりますよ!LDKに和室も連続した30帖の空間、気持ちの良い住まいになります、頑張りましょう( ゚∀゚)

〈地鎮祭の流れ〉
 1. 修祓(しゅばつ)
   祭りに先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式
 2. 降神(こうじん)
   祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。
 3. 献饌(けんせん)
   神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。酒と水の蓋を取る。
 4. 祝詞奏上(のりとそうじょう)
   その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。
 5. 四方祓(しほうはらい)
   土地の四隅をお祓いし、清める。
 6. 地鎮(じちん)
   刈初(かりそめ)、穿初(うがちぞめ)、鍬入(くわいれ)等が行われる。
 7. 玉串奉奠(たまぐしほうてん)
   神前に玉串を奉り拝礼する。
 8. 撤饌(てっせん)
   酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。
 9. 昇神(しょうしん)
   神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。


• 詳しい内容を知りたい方は、E-MAILにてお問い合わせください。

by kondo_archi_labo | 2013-12-22 09:00 | 津の家_おおきな屋根の家


近藤晃弘建築都市設計事務所の建築活動記録


by kondo_archi_labo

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

【お知らせ】
■設計のご依頼、ご相談はお気軽にお問い合わせください。土地探しや資金計画から家具の選定までお手伝いさせていただきます。

■事業主の方、建築を通して一緒に新しい企業イメージ を考えていきましょう。事業計画もおつくりいたします。

■まちづくりでお悩みの方、一緒にそれぞれの地域の良さを探し出し、それを活かしたまちづくりを考えていきましょう。様々な企画を一緒に計画していきましょう。

【設計事務所について】

■ホームページ
■プロフィール
■コンタクト
■住宅設計トライアル
■土地探しのポイント
■建築家と共に考える住宅
■建築を考える
■建築教育
■設計監理業務の流れ
■設計料
■アフターケア
■よくある質問のまとめ

【リンク】

■住まいの杜
■丸屋建設
■財団法人 住宅保証機構
■家づくりの応援サイト
■HOME'S 不動産売買
■国土交通省 公示地価
■壁面緑化システム

検索

タグ

(23)
(22)
(14)
(9)
(8)
(7)
(5)
(4)
(1)

カテゴリ

全体
芦屋川の家_小さな教会の家
相生の家_線形のテラスハウス
おおきな窓のテラスハウス
白い箱の中庭ハウス
太陽を取り込む家
丘の上のイエ
崖の上のイエ
祇園の町家カフェ
津の家_おおきな屋根の家
寝屋川の家
稲沢の家_窓のない家
ギャラリー京町堀ビル
吹田の家
西宮有料老人ホーム
京都のマンションリノベーション
京都の旅館リノベーション
光屋根のアトリエ
建築家と共に考える住宅
建築家と共に考える集住
建築家と共に考える地域
建築を考える
建築教育
設計監理業務
アート
仕事道具
旅行
その他
未分類

その他のジャンル

画像一覧